明海地域包括医療・ケア連携室とは

「その人らしくをめざして」

地域連携室
高齢者の方々は、「住み慣れた地域で自分らしく暮らしたい。」との願望をお持ちです。 病院・施設・在宅と医療保険制度・介護保険制度だけではそのニーズを満たすことは難しいことです。 地域の中にネットワークを組み、各関係機関と適切に連携をとることが重要です。
弘成会は西明石地区における総合的サービス機関として高齢者の方々のニーズにお応えするために、連携・発信を行います。 そして、地域より末永く愛され、信頼され、住民の皆様のお役に立てるように努めています。
「明海地域包括医療・ケア連携室」への名称変更
平成27年12月、当院の「明海地域連携室」の名称を上記「明海地域包括医療・ケア連携室」に改めさせていただきました。 地域連携室長・主任相談員(看護師)、相談員(社会福祉士・介護支援専門員)の4名体制で、地域に根ざした窓口として医療連携だけでなく介護連携も担うべく、今後も地域医療・ケア連携向上へ努力してまいります。 どうぞお気軽にご相談ください。

住宅復帰機能強化加算取得

地域ケア病床・かかりつけ医等、地域の医療機関との連携

明海病院の基本理念は「患者さんが安心して安全な医療を受けられる環境を整え、良質な医療を提供することを通じて、地域社会に貢献する」ことを目的としています。
本院の目標の一つ「在宅復帰機能強化加算」の申請を行い、平成29年1月1日付にて受理されました。
在宅復帰チャート
「医療を伴う在宅へのシフト」
医療療養病床を運営する立場として、従来より医療を伴う在宅へのシフトがしやすくなったことにより、住み親しんだ地域・環境での療養や生活が安心して継続できるようになります。 本院では、今まで以上に地域ケア病床・かかりつけ医等。地域の医療機関との連携を深めてまいります。 なお、介護老人保健施設ライフ明海におきましても、平成28年4月付で「在宅復帰加算」を取得しており、併せて地域の皆さまの快適な療養や生活に寄与できますよう邁進する所存でございます。
医療・介護に関する様々なご相談は、下記窓口までお気軽にお問い合わせください。

医療・介護の総合相談窓口

「医療・介護」に関するお悩み等を総合的にサポート

介護保険の申請や上記サービス事業内容以外でも、お困りの事がありましたら、専門スタッフにお気軽にご相談ください。
また、在宅介護支援事務所は、明石市藤江の望海在宅介護支援センター、江井ヶ島在宅介護支援センターがあります。 お電話または直接お越しになり、専門スタッフにご相談いただけます。
  • 在宅支援センター
  • 訪問看護・訪問介護
明海地域包括医療・ケア連携室では、在宅支援・訪問看護、介護だけでなく、療養型病院での医療連携、介護老人保健施設での介護連携において、高齢者の医療・介護サービスにおける総合相談窓口としてもご利用いただけます。
【お問い合わせ先 --- 明海地域包括医療・ケア連携室】

お問い合わせ電話番号: 078-922-8800

(対応時間: 9:00〜17:30)
担当: 青山・小城・繁田・谷本
ページトップへ